2005年12月05日

あなたはただ生きているだけで価値ある存在なのです

たとえ、あなたがどんなに「誰の役にもたっていない」と感じていたとしても。
あなたは、大切な、大切に扱われる人間なのです。

ついついやっちゃいますよね。

相手をほおっておけなかったり。
性格面や情緒面に問題がある人を過度に助けすぎたり。

自分の幸せよりも相手の幸せ、とばかりに、
常に自分を後回しにしてしまったり、

相手を助け、必要とされることが自分の存在価値だと錯覚してしまったり。

でもって、それがうまくいかないと、自分にも相手にも負の感情をもってしまう。

ね。
ちょっと、休みましょう。
あなたがあなたひとりでハッピーで大切な「おひめさま」でいていいのだと
ちゃんと思えるまで、自分を丁寧にケアしましょう。

ひとりでも心から穏やかに微笑むことが出来たとき、
ひとりでに、すべてがうまくまわりはじめます。

あなたは、しあわせになっていいひとなのです。忘れないでね。
posted by まみ@やじるし屋 at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 依存症 共依存 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうしても帰りたくない家なら帰らなくていい

12月の声をきくと、気が重くなります。
年末年始。里帰り。
テレビのニュースなどでは、ほのぼの系の話題として「帰省」の話がでるけれど。

どうしても実家に一度顔を出さないといけないのに、気持ちがついてこない。
帰りたくない。
実家の近くなんか、近づきたくもない。

やっとの思いで家をでたというのに。
実家に顔を出すことで、やっと、少しずつ落ち着いてきた今の自分が、
ガラガラと崩れ落ちてしまいそうで不安。
それによって自分が錯乱状態に近くなってしまいそうな不安。

「帰らなくていいよ。
あなたを安全に愛してくれない人々を、家族と呼ばなくてもいいよ。
血縁者という名の他人の都合なんかよりも、
今、いきている、あなたの安全と安心と幸福のほうがずっと大切。
自分がホントにホンネでいたい所にいて、一緒にいたい人とたくさん時をすごそうよ」

ホントは、あなたは、自由なんだよ。
posted by まみ@やじるし屋 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親から言われ続けたコトバは、あなた自身ではありません

「お前は生まれ間違いだ」
「足りない、足りない」
「子供は親の犠牲になりなさい」
「お前は好きで病気になったんだ」
「あんたは全くとりえのない子ね」
「ホンットに役に立たないんだから」
「あんたは悪魔の子よ。私の子じゃない」
「あんたは自分のことしか考えてない」

物心ついたころから、血縁者たちからあびせられ続けた呪いの言葉たち。

いまだに忘れられなくて、事あるごとにフラッシュバック。
なかなか消えななくて、がんじがらめ。

おわったはずなのに。離れたはずなのに。もう大人になったのに。
未だに自分にロックがかかる、呪いのような言葉。

もがき続ける苦しみ、私もしっています。

むりやり忘れようとすると、きっと苦しいから。

「そのコトバは、あなたの意見であって、今の私自身ではない、私には関係ない」
と、思い出したら、つぶやいてみて。

今のあなたは、他人からも自分からも過去からも、もっともっと自由になっていいのです。
もっともっと、ラクになっていいのです。
posted by まみ@やじるし屋 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。