2006年10月09日

トラウマバスターとしてのしごとを説明してみる。

  
問い合わせがあったので、かいてみました。
今の私の言語能力では、コレがいっぱいいっぱい。
どこまでわかっていただけるかなあ。かなり心配しつつ。


過去のトラウマが現在も悪影響を及ぼしている場合、
現在、その方にストレスがかかっている、と考えます。
で、そのストレスが、体に経絡・チャクラに異常をおこしている、と考えます。
それを経絡&チャクラ用音叉で、正常な状態に修正します。
すると、異常=ストレスがリセットされます。

もう少し具体的に言うと、
トラウマとなった状況・状態や、症状を、自由に話していただきます。
話しているうちにでてくる、問題の核が確定したら、
そのときのご自分の状態を再現していただいて、音叉をならします。
で、再びそのときの状態を再現していただいて、
スッキリした、とか、感情に著しい変化がおこったら、
私のシゴトは完了です。

んー、かなりうさんくさく思いますよね。
いつも、説明しようとして、これ以上うまくお伝えできなくて、困っています。

くらしていく上で、なんとかしたい症状があるとか、
思い出したくないのに カラダにしみついた記憶があってつらいとか、
そんなにひどくはないけれど 「こうなりたい」自分にスッキリと近づきたいとか、
そういうことでしたら、お役に立てると思います。
posted by まみ@やじるし屋 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。