2005年11月25日

わたしはわたしを好きでいてもいい

物心ついたときから「オマエはだめだ」と何度も何度も聞かされ続けたら、
当たり前に必要な自尊心、なくなっちゃいます。
「ホントにワタシはダメ」なんだと、今、あなたが思っていても、
それはあなたが悪いわけではありません。

でも。
あなたの人生は、あなたのものだから。
だれも代わりに生きてはくれないから。
少しずつ、きもちいい方向へ、動いてみましょう。

「ワタシはワタシで全部OK。ワタシはワタシが大好きっ」

こうなれたら、ステキですよね。ラクですよね。
じゃあ、こそっと、つぶやいてみましょう。

どうですか?
今、コレがしっくりくる人、おめでとう。あなたは大丈夫。
ちょっと弱気になったときに、思い出してつぶやいてみてください。

さて。「とてもそんなふうには思えないっ」という方。
こちらならどうかしら?

「わたしはワタシをすきでいてもいい」

少しはなじむかしら。
朝おきてから、夜寝る前、時々不安になったりさびしなったりしたら、
つぶやいてみててくださいね。
完全にしっくりくるようになった頃、暮らしの感じ方、明るくかわっていますよ。
posted by まみ@やじるし屋 at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアファメーション心地よくなって来ました
最初はね 抵抗があったんだけど 今は大好きって言うようにしています

でもね…自分を否定していた分
なんとか守ろうと自分を過剰に守って人を傷つけて来た(生きてる価値も無いと思ってた自分を まだ生きていたいよって思う自分のどこかがそうしてた)

自分を本当に大事にすることと
本当に愛することとは 正反対の自己防衛だった

けれど 
今更 自分を大事にって言うとね
あなたは自分を大事にしてきたじゃないか
その分 人を傷つけてたじゃないか 
って そういう反応が返って来るの

そうなんだけど…そうじゃないんだよ って
また自分を大事にしちゃいけないって落ちそうになる

違うと思うの
自分を本当に受け入れられたら
余分な過剰防衛はしなくなると そう思うの…
違うかな…

Posted by 星 at 2005年12月07日 21:19
自分を大切にする、って、
そういうことを学習する機会がなかった
私たちには
はじめは、きっととても難しい。

自分を大切にすることと、
敵から身を守るために過剰防衛することは
実はまったく別のことなんだと。

いつか、ね。
ココロから安心して思えるようになるといいなあ。

自分をうけいれられたら、過剰防衛はひとりでにきえます。
大丈夫。
Posted by まみ@やじるしや at 2005年12月07日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。