2005年12月21日

自分の体をとことんいつくしもう

人気blogランキングへ
感情がマヒするほどつらい思いをすると、体の感覚も鈍ります。
誰よりも大切に丁寧に関わり扱うべき、自分自身を
ついつい粗末に扱ってしまいます。

まずは、あたためましょう。
あたたかいおふろ。
やわらかくあたたかい色の服。
まあるい味のスープ。
ほかほかのごはん。

ゆっくりじっくり。
冬眠していた感覚をゆっくりじっくりあたためて起こしましょう。
posted by まみ@やじるし屋 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

あなたはもっと怒っていい

思いを・怒りを・憤りを、伝えること、禁じられてきた。
思うことさえ禁じられてきた。

そうして、何も感じられなくなった。

いいんですよ、怒って。
イヤなコトは拒否して当然。

相手の思いは相手のもの。相手の要求も相手のもの。
あなたが引き受けることはまったくありません。

怒っていい。拒否していい。
あなたがホントは何を感じているのか、きちんと思い出してね。
posted by まみ@やじるし屋 at 08:35| Comment(1) | TrackBack(1) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

症状の影にかくした「ホントの願い」を思い出そう

つらいですよね、いろんな中毒・依存症。
ひとに伝えようとしても理解されっこないさまざまな後遺症。

それらは、あなたがホントにつらい中、生き延びてきたあかしです。
そのままではとても生きていけないから、
すごくムリして適応して、生き延びてきた、サバイバーのあかしです。

過度に恥じる必要はありません。
あなたは立派にいきのびたのです。
うんとホメてあげていいくらいです。

でも。
もしも、今、客観的に見て「安全」なら。
それ、おわらせたい、ですよね。

なら、思い出してみてください。
想像してみてください。

その「症状」は、あなたを、今まで、どんなつらさから守ってくれましたか?

今、その「症状」は、何について、あなたを苦しめていますか?
あなたが何をすることをさまたげていますか?

今、その症状がなくなったら、あなたはどんなふうにハッピーになれますか?

今すぐ全部答えろ、なんていいません。
ゆっくり少しずつ、イメージしてみてください。

もしも、最後の質問に、クリアーに答えられたなら。
いつかそれは、かなえられます。絶対。
posted by まみ@やじるし屋 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

遠い昔に諦めたこと、もう一度はじめてみませんか

いろんな理由で、諦めさせれらたこと、あなたにもきっとあるはず。
ほんのささいなことでも、大きな夢でも。

今でも、ホントは、やってみたいと思っているかもしれないこと。

もう一度、はじめてみませんか。
ホントに小さな一歩でも。
たとえそれでプロになれなくても。
眠らせた思い、すきなものごとたち、もう一度自分で取り戻してみる。

もしかして、自分の「ホントの思い」を取り戻すきっかけになるかもしれません。
posted by まみ@やじるし屋 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

何もしたくないときは、ただ休みましょう

自分の限界がわからなくて、がんばりすぎてしまう。
自分の感覚がなくなるまで、がんばりすぎてしまう。

ちょっと、休みましょう。

他人に甘えられないなら、自分のカラダぐらい、自分で甘やかしましょう。

ひととき目を閉じてみたり、ゆっくり伸びをしたり。
「休む時間」をきちんと確保するために、スケジュールを見直したり。

自分は、ちゃんと大切に扱われるべき人間です。
たまには、うんと、甘やかしてね。
posted by まみ@やじるし屋 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

カラダを動かしてココロをほぐそう

冬は特に、こわばっちゃいますよね。
ただでさえ、気持ちが縮こまっていたり感覚がなくなっていたりするのに、
ますますつらくなってしまうのは、よくないですよね。

きもちよさをすなおに感じる体を、取り戻しましょう。

動きたくないなら、ゆる体操。
少し動けるなら、寝たきりでも座ったままでもできるタイプのヨガ。
もう少し動けるなら、ベリーダンス。

これ、私のおとっときです。

自分で動くのがどうしてもつらいなら、ぬるめのおふろにゆっくりじっくり。
血の流れをよくして、ラクな体をつくりましょう。

そうそう。お日さまをたくさんあびるのもおすすめ。

体から、自分をいたわり慈しむと、心もついてきます。
あせらず、たのしみましょうね。
posted by まみ@やじるし屋 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

身を守るパターンが自分をとじこめる

つらい思いをした時、身を守るため、いろんな方法をとってきたよね。
感じないようにする、とか、先制攻撃とか、笑い飛ばすとか、流されて従うフリをするとか。

そうやって、自分を安全に守ってきた。

幼かったから。弱かったから。一人ぼっちだったから。
がんばって身に着けてきた、自分を守る方法。

えらかったよね。よくがんばったよね。

でも、もういいよ。
今のあなたは、もう、そんなことをしなくても、十分大人。
遠い昔に身に着けた、いつの間にかいらなくなった、
過剰に反応してしまう、今のあなたを苦しめる古いパターン、すてていい。
思いのままに自由に軽やかに好きなように動いても、安全。

あなたは、思ったことをそのまま感じていい。
あなたは、思ったことをそのまま伝えていい。
あなたは、思ったことを行動に移していい。
あなたは、思ったままに自分の人生をつくっていっていい。

少しずつ、あなたのペースで、ホントのあなたを取り戻していきましょう。
大丈夫。安全だから。
posted by まみ@やじるし屋 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

親から言われ続けたコトバは、あなた自身ではありません

「お前は生まれ間違いだ」
「足りない、足りない」
「子供は親の犠牲になりなさい」
「お前は好きで病気になったんだ」
「あんたは全くとりえのない子ね」
「ホンットに役に立たないんだから」
「あんたは悪魔の子よ。私の子じゃない」
「あんたは自分のことしか考えてない」

物心ついたころから、血縁者たちからあびせられ続けた呪いの言葉たち。

いまだに忘れられなくて、事あるごとにフラッシュバック。
なかなか消えななくて、がんじがらめ。

おわったはずなのに。離れたはずなのに。もう大人になったのに。
未だに自分にロックがかかる、呪いのような言葉。

もがき続ける苦しみ、私もしっています。

むりやり忘れようとすると、きっと苦しいから。

「そのコトバは、あなたの意見であって、今の私自身ではない、私には関係ない」
と、思い出したら、つぶやいてみて。

今のあなたは、他人からも自分からも過去からも、もっともっと自由になっていいのです。
もっともっと、ラクになっていいのです。
posted by まみ@やじるし屋 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

私の言葉はあなたに届いているのだろうか

だってね。
ウソだと思うよね?
何年も何十年も苦しんで七転八倒してもがきまくってそれでもほどけなかった
どうしても自分をからめとってしまう思いと境遇。

死ぬまで解放されることなんかないと諦めていて当たり前。

それを、ねえ。
「たった90分で解放します」
なんて、悪い冗談にもホドがある。

雑誌の裏表紙にのってるペンダントやサイフの広告の方が
よっぽと気が利いてるわ。

私も、そう思う。

でもね。

「すべての精神的問題を抱える人は、解決する矢印を隠し持っている。
それが、今、たまたまどんなに苦しい惨めな症状をもっていても
ちゃんと自分のもっている矢印どおり進めば解決する」

今、たまたま私の文章をよんでくれているあなたも、
ちゃんと解決への道筋、自分でもっているの。
たまたま、ものすごいストレスをかけられつづけたせいで、
みえなくなってしまっているだけ。
みつけにくくなっているだけ。

ホントにそれ「だけ」。

だから、ね。
苦しさもつらさも、ガマンはしなくていい。
ただ、あきらめないでね。
あなたの中に、苦しさを解決し、すっきり気持ちよく、
「こうなりたい」「こうありたい」幸せへの矢印は、今もちゃんと眠ってるから。
あなたの中に必ずあるから。
posted by まみ@やじるし屋 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

どんなにつらい時も必ず終わるから諦めないでね

ホントに苦しくて、七転八倒して、
さんざんみっともないことをしでかして、
惨めな思いにとらわれて、
自分にいきている値打ちなんかないと思ってしまうときが、
どんなに長く続いていても。

諦めない限り、必ずおわる時が来るから。

思い出して。
「あなたのその苦しみがもしもおわったら、どんなかんじかしら」
「あなたは、どんな状態になったら、心からOKかしら」

もしも、かすかにでも、これ、感じられるなら、
今のあなたの中に、苦しみを終わらせるやじるし、ぜったいにあります。
そっとそっと、少しずつ、その感じを強めていけば、いつかかならず叶う。

もしも、今はまったく感じられないなら。
時間はいくらかけてもいいから、
「苦しみがおわった状態のわたし」について、
「心からOKをだしているわたし」について、
どんな断片的なことでもいい、紙にかきまくってみて。

かいていくうちに、「あっ、これだ」と思う瞬間がくるから。
それをあたためていけばいいの。

もしもその瞬間を待ちきれなくても。
書いた言葉が、日常生活で、あなたが幸せに向かう方向を
自然に教えてくれるときがくる。

あなたは幸せになっていい、なるべき価値をもったひとです。

それだけは、かすかにでもいいから、忘れないでね。
posted by まみ@やじるし屋 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン 回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。